2011年10月11日

音声入力ソフト Amivoice SP の感想




かつて、外国映画やドラマを見ていた時、よく見る場面が
ありました。

会社での社長と秘書の場面です。

その社長が話している事を傍らで、秘書の女性が
サクサクとタイプライターで打ち込んでいます。

大概はビジネスレターですが
秘書は社長の話す内容をよく理解しています。


現代なら、PCでメールを送る場面に置き換えられます。
その際、秘書はパソコンです。

さて、その秘書はどれくらい有能なのでしょうか?

キーボードやマウスで操作するのではなく、
マイクに向かって話すだけで、正しい文章が入力されていく─?

正直言って、近未来的には当たり前と思いますが、
現状の音声認識機能は、まだまだ実用の域に達していないのか、
一般的なこととして知れ渡っていない気がします。

実際のところ、
使うにあたって事前に声や話し方の特徴を学習させたり、
話す際に単語ごとに区切ってゆっくりと話すといった、
不自然な喋り方をしなければならなかったりすることが多いようです。

そんなことをするくらいなら、キーボードを使った方が便利!
(肩こりは辛いけど・・・)

「AmiVoice SP」は違います。
事前の話者登録などは必要ないし、時間をかけた学習の手間も不要です。

話す際も特に注意することなく、ごく普通にコンピュータに話しかけるだけで、高い精度で音声を認識してくれます。

※いきなり最初から期待通りというわけにはいきませんが─。


いまのコンピュータではまだ、話した意味を即理解して反応してくれる
ところまでは到達していないのは事実かもしれません。

しかし、「AmiVoice SP」の話し言葉に対する認識率の高さを見ると、
その領域に大いに近づいてきたなと実感させられる─、
かなり画期的なソフトだと思います。


※秘書の能力を自分なりに向上させる‥といったところでしょうか。
 詳細はコチラ
面倒な会議議事録の書き起こしや、論文作成に最適!
音声認識ソフト「AmiVoiceSP」


音声認識ソフトAmiVoice SP
ダウンロード版
標準価格15,540円
今ならマイクがついてくる!


posted by amivoicesp at 09:00| 音声入力ソフト Amivoice SP の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。